海外旅行ですぐに使える表現

レストランでの注文は、旅行で必ずと言っていいほど出てくる場面ですよね。
今回は、そんな時に役立つ、
『スーパーやレストランで”注文”する時の表現』
についてお伝えします。

まず、日本語で注文する時を思い出してみてください。

「~をください。」と注文しますよね。 直訳すると“Give me ~ や、please.”となりますが
実は、そのまま使われることはまずありません。

では、一般的にはどんな言葉を使うかというと、

”Can I have ~?”となります。

なぜ 直訳の“Give me ~, please.”「~をください。」と言わずに
”Can I have ~?”「~もらえますか。」というのでしょうか?

正解は、Give me ~や please が、
「命令」的な表現に聞こえてしまうからです。

想像してみてください。

もしあなたが、このニュアンスの違いを知らずに、
直訳した Give me ~や pleaseを使っていたとしたら、

店員さんに「なんてキツイ人!!」

と思われてしまうかもしれません。

もちろん、それでもしっかり通じますが、
できれば正しい表現を知りたいですよね。

先ほどお伝えした、”Can I ~?”というフレーズは、
本当にどこでも使える便利な表現です。

”Can I have a large Latte?”
―大きいサイズのラテを頂けますか?

や、

“Can I have another ketchup?”
―他のケチャップはありますか?
など、

お洒落なカフェやファーストフード店でもOKな表現です!

これでも十分伝わりますが、皆さんにはさらに
その場の状況等に合わせた他の表現も知っていただこうと思います。
より一層、意図が伝わりますからね。

特に海外では、
ファーストフード店・カジュアルな雰囲気のお店と、
高級感のあるお店で、サービスをしてくれる方々の
口調が違う事もあります。

今回はcasual(カジュアルな表現)とfancy(高級な表現・丁寧)
に分けて、様々な表現を紹介します!

今すぐ使える”レストラン”での英文
英文がたくさんありますが、意味は全て
『今週の土曜日に予約をしたいのですが…?』
です。

一つの言葉に対する
様々な表現方法を見ていきましょう。

<今週の土曜日に予約がしたい場合の表現>

【カジュアルな表現(casual)】
“Can I make a reservation for 3 for this coming Saturday?” “ I was wondering if I could make a reservation for this coming Saturday.” “ I would like to make a reservation for this coming Saturday.”

【かしこまった表現(fancy)】
“ l May I ask to make a reservation for this coming Saturday, please?” “l I would like to make a reservation for this coming Saturday, please.” “Could you reserve me a table for this coming Saturday?” いかがでしょうか?

『今週の土曜日に予約をしたいのですが…?』
だけでもこんなにたくさんの表現があります。
どれか一つ知っていれば伝わるので、覚えておきましょう。

次は、『飲み物のおかわりが欲しい時』
に使う表現を紹介します。

<飲み物のおかわりが欲しいときの表現>

【カジュアルな表現(casual)】
“Can I have another glass of wine?”
“Can you get me more water, please?” “Can I see a menu? I’m thinking about another drink.”

【かしこまった表現(fancy)】
“I would like another glass of wine, please.” “Would you be kind to bring me more water, please?” “May I see a menu for another drink?”

いかがでしょうか?

同じ意味でも、
いろんな表現を知る事によってより知識が深まっていきますよ。

そして最後は、
『お会計の時』に使う英文を紹介します。

<お会計の時の表現>
【カジュアルな表現(casual)】
“Will you give me our check?”
“We are all done, thank you.”

【かしこまった表現(fancy)】
“I would like our check, please.”
“Could you bring me the check, please?“

これらの表現の他にも、
お会計を究極にカジュアルにした場合の表現は、
“Check please .”です。

これでもしっかりと伝わります。

まとめ

今回は、海外旅行で使える表現 レストラン編
をテーマに、今すぐ使えるフレーズをお伝えしました。
まずは万能な“Can I ~?”を完璧に使えるようにして、
そこからカジュアルな表現や高級な表現を覚えていくのが
英語上達への近道となります

2018年09月18日 | Posted in 英語を学ぶ | | No Comments » 

関連記事

Menu